読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

器用貧乏は赤魔道士になれ

極小ベンチャー企業のひとり管理部門担当者が、多岐に渡る日々の業務のことだったり全然関係ないことだったりを書くブログ

2016年秋アニメ 最後まで見たい新作アニメ

こんにちはこんばんは、器用貧乏のケイリです。

1年って早いですね。秋アニメ終わったらもう年末です。

今年はいろいろなことがちゃんと終われるのか、乗り越えられるのか、少々不安定な社会的人生を送っておりますが、今は現実逃避して秋アニメの始まりを堪能していきたいと思います。

2016年秋アニメは思いの外鑑賞したい作品が多いので、新作アニメのうちの一部だけ感想を書いておきたいと思います。

※以下、ネタバレ含みます。

 

 

ドリフターズ

歴史の偉人達が異世界に転送され、その世界で敵味方に分かれ、さまざまな種族の住人をも巻き込んで、人類の滅亡を賭けて戦う、というお話。4話まで放送済みです。abemaTVで見てます。ネット配信、万歳。

主人公は、関ヶ原の戦いから命辛々生き残った挙句、異世界に飛ばされた島津豊久

そして彼と行動を共にするのは、あの織田信長那須与一(FFシリーズで出てくる”与一の弓”の由来)です。

4話までで出てくる有名どころだと、安倍晴明ハンニバルスキピオジャンヌダルク、アナスタシア、ラスプーチン土方歳三源義経などでしょうか。

わたしは原作(コミックの方)を読んでいるのですごく楽しみにしてましたが、今のところアニメ化に満足してます。

戦闘シーンは迫力があるし、何より規制がないのがいい。豊久の決め台詞が「首置いてけ」なので、敵の首を刎ね飛ばした時に血の一滴も出ないと格好つかないですから。

漫画→アニメというフォーマットの変換によって表現の差異が出てきますし、またそれによって視聴側の受け取り方も変わってくると思います。

漫画で読んだときにはさほど気に留めてなかったことが、絵が動いて色が付いたり、声や音楽が付くことによってより流れが自然に見えたり、逆に目立ったりすることがあります。

わたしの場合、漫画では菅野直(WWⅡの戦闘機乗り)はさほど印象的な人物ではなかったんですが、アニメで見て好きなキャラクターになりました。実際にバカヤローコノヤローを連呼されたら笑うしかないし、よくよく考えたら、空にぽっかり開いた扉(?)から戦闘機ごと登場ってすごいインパクトですよね。アニメってこういうところが面白いです。

この作品は1クール12話であることは公表されていますので、原作のどのあたりまで進むのか気になるところです。

 

 

ユーリ!!! on ICE

グランプリファイナルで惨敗した日本人フィギアスケート選手/勝生勇利が、彼の憧れのスケーター/ヴィクトルのコーチングを受けて新たなシーズンに再起を賭けるという、男子フィギアスケートを題材にしたオリジナルアニメです。現在4話まで放映されてます。

他にもいろんな国のいろんな選手が出てくるので、あー、男子アイドル系の別バージョンみたいな感じ? でも男子フィギアスケートのアニメって珍しいからとりあえず1話はチェックしとくか。そんな感じで放送前は全然期待してませんでした。ごめんなさい。

第1話のスケーティングシーンの映像の凄さに度肝を抜かれました。あの画はどうやって創ってるんでしょうね。アニメーターさんたちは息してますか?

第1話だけでなく、毎話惜しみなくスケーティングシーンがあって、見応え十分です。モノホンの実況アナの声がつくとさらに本当の試合を観ているようで、臨場感があってドキドキします。これだけでも見る価値はあると思います。

主人公には世界のトップスケーターを目指すというシビアな目的がありながらも、作品のトーンは意外に軽く、楽しく笑って観られます。しかし、自分に自信が持てず、それでいながらタフさも併せ持つ勇利の心理もきちんと見せてくれます。

作中で演技に使われた音楽がすぐに配信されるなど、作品視聴以外の部分でも楽める仕掛けがされています。わたしもすでに何曲かダウンロードしました。

4話まででまだ登場した選手は少ないので、これからどんな選手たちがどんな演技を見せてくれるのか、そして勇利が自分とどうやって向き合っていくのか楽しみです。

 

 

舟を編む

口下手なのに出版社で営業をやっている主人公が、言葉に対する感度の高さを見出され、同社の辞書編集部に異動になって辞書作りに携わるという、同名の小説が原作の作品です。現在3話まで放映されています。

わたしは原作の小説も未読で、映画化されたものも観たことがなかったので、前知識を一切持たずにこのアニメ作品を観始めました。

映像、音楽、演技のどれを取っても隙がなく、とても安心して観られる作品です。この感覚は「蟲師」とか「昭和元禄落語心中」を観ていた時に似てますね。

言葉にこだわるがゆえに言葉に溺れる、または言葉に神経を研ぎ澄ませて言葉を操る、というのを映像化していて面白いです。

今の時代は言葉の意味を調べるのにはもっぱらネットを使いますが、この物語の舞台は2000年頃みたいなので、まだWikipediaはなかった時代でしょうか。

辞書ってこんな風に作ってたんだ!と、その根気のいる作業に驚きです。作るのに10年単位の時間がかかる本なんてそうそうないでしょうね。お仕事系アニメとして観ても面白いのかもしれません。

いちボンクラ社会人としては、こんな風に仕事に情熱を注げられる人が羨ましいです。

 

 

3月のライオン

幼い頃に両親を事故で亡くした高校生プロ棋士/桐山零が主人公のお話です。漫画が原作の作品です。現在4話まで放映してます。

わたしは将棋については簡単なルールしか知らないので、自然とそれ以外のところにフォーカスを当てて観てしまうのですが、それでも想像していたより将棋成分は少なめですね。将棋というボードゲームの内容よりは、登場人物の心理的成長・変化に重きを置いている印象を受けました。

わたしは原作を読んだことがなく、アニメもまだ3話までしか観てないので、これがどういう路線の作品なのかいまいち掴みかねています。まぁ、面白さを感じているということに違いないんですが。

第1話は結構澄んだ気持ちで観ていたのですが、第2話は所々演出がシャフトっぽくて、あれ?こういう作品だったの?と戸惑いもあったりして。でも早くも第3話で慣れてしまった感がなくもないかな。

とりあえず今のところ川本3姉妹と川本家の猫が癒しです。猫が喋るのがかわいい。ズルい。

 

 

2016年秋の新作アニメは他にも以下の作品を観ています。

WWW.WORKING!!WORKING!!より狂ってます。特に女子。そして男子不憫。

うどんの国の金色毛鞠:ポコが可愛くて観てますが、やはり「ばらかもん」「甘々と稲妻」は超えられないか・・・

クラシカロイド:ストーリーの目標地点がどこなのかいまだにまったく見えてきませんが、なんか観ちゃいます。

 

 

そして続き物は、以下の作品。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(2期):オルガがインテリヤクザにしか見えなくなってきた。

夏目友人帳 伍:ニャンコ先生がさらに丸くなられて・・・

響け!ユーフォニアム2:相変わらずいい感じにギスギスしてます。

文豪ストレイドッグス(分割2クール目):過去編がすごくよかった。このままシリアス路線でいってくれれば。

ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢高校:毎回息するのを忘れるくらい試合のシーンは圧巻。

亜人(分割2クール目):永井&戸崎の共闘は滾ります。永井の心理描写が細かくされるようになったのもいいですね。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない:吉良(川尻)が意外に抜けてるのが面白いです。

斉木楠雄のψ難:万能かと思いきや、一日に一回しか使えない能力があるなど、それなりに制限があるのが結構アクセントになってるかも。

 

 

今期は観たいものが多くて寝不足です。でも頑張って現実を忘れて楽しみたいと思います。