読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

器用貧乏は赤魔道士になれ

極小ベンチャー企業のひとり管理部門担当者が、多岐に渡る日々の業務のことだったり全然関係ないことだったりを書くブログ

ライトなアニメ好きのケイリが観ていた2016年夏アニメ作品

アニメ

こんにちはこんばんは、器用貧乏のケイリです。

季節が巡るのが早いもので、仕事のモヤモヤもプライベートの荒み具合も置き去りに、すっかり秋になってしまいました。

そんなわけで、特に面白かった2016年夏アニメ作品の感想を書きたいと思います。ネタバレを含んでますのであしからず。

 

 

モブサイコ100

2016年夏アニメで順位をつけるなら、この作品がトップです。ホントに面白かった。

強大な超能力を持った中学生の男の子が、その超能力に頼ることなく、人間的に成長していく様を描いた青春物語です。

何が魅力なのか挙げればキリがないので、見て下さいとしか言えなのですが。

原作の漫画はどちらかというとシュールな趣きで、主人公も時折若干不気味に描かれています。時々ギャグもありつつ、話が進むにつれてシリアスの色が濃っていきます。

しかしアニメではカラフルな色彩で、バトルシーンも原作よりド派手。主人公も随分可愛くなっています。そして原作では飄々としてる霊幻師匠がアニメではよく動きます。手とかすごい動く。手フェチには美味しい霊幻師匠です。

もとい、原作絵のテイストを保ちつつ、原作よりポップで万人受けしやすい仕上がりになっています。

かといってこの作品に織り込まれたテーマ性(主人公を含めた登場人物たちのアイデンティティの確立もしくは再構築)は失われることはなく、きっちり描き切っています。脱帽です。

あと、登場人物全員スキです。

 

 

91Days

子供時代に家族をマフィアに殺された青年アヴィリオの復讐劇です。

ゴッドファーザーなどの往年のマフィア映画を思い起こさせる映像とストーリーに仕上がっています。

アヴィリオの元に、家族を殺した者たちの名前を知らせる差出人不明の手紙が届くことから彼の復讐は始まります。

そして、どのように復讐を果たしていくのか、手紙の差出人は誰なのか、手紙を送ってきた意図は何なのか、というミステリー要素を含めて視聴者を引っ張って行きます。

とにかく手紙の送り主として登場人物全員が怪しく見えます。

疑ってごめん、コルテオバイバイのシーンでめっちゃ泣いたよ。

疑ってごめん、バルベロ。ある意味ネロ側のコルテオポジションだったんだよね。

アヴィリオと、復讐相手のひとりであるネロ。

この作品が始まった頃から、レザボアドッグス的な、そして誰もいなくなったというラストを想像し、ハラハラして観続けましたが、すべてを失った者同士で迎えた最終回は、どうにでも解釈できる結末を迎えました。それを是と取るか否か、観た人たちぞれぞれの受け止め方があるでしょう。

ちなみにわたしは、ネロはアヴィリオを撃たなかったに1票入れたい。

 

 

アクティヴレイドー機動強襲室第八係ー2nd

1stから少し時間が経っている2ndは、1st の世界をさらに押し広げたり深掘りしたりして、1stではなかった「んなアホな」な展開を繰り広げ、ひとつ飛び抜けた作品になりました。

世界観を復習する1話と新メンバー紹介的2話、終盤近くでシリアス展開となる10話と11話は若干大人しめですが、それ以外の回は大体ぶっ飛んでます。

1stのメンバーの一部が民間人となって協力したり、西日本担当の第九係が創設されていたり、かつての敵が味方になるなど、1stよりもストーリーの可動領域が広がりました。

その上、1stから張り巡らされた伏線が2ndの随所に活かされ、1stがあったればこその面白さというものを着実にモノにしていた作品です。

しかし、まだいくつかの謎が残されているので、3rdがあるかどうか気になるところです。

それにしても、1stでは若干残念なクールイケメン瀬名氏が、2ndですっかりギャグキャラに・・・

 

 

甘々と稲妻

甘々と稲妻 Blu-ray BOX

甘々と稲妻 Blu-ray BOX

 

最高の癒しと飯テロをありがとう。見るときは必ず何かを食べながら見るようにしてました。ちょっぴり泣きながらも盛大にお腹が空くアニメです。

奥さんを亡くし、一人娘のつむぎちゃんを男手ひとつで必死で育ててる高校教師の公平。子育ては頑張ってるんだけど、もともと食事には頓着しない性格だったので、つむぎちゃんの食事もコンビニのお弁当とかで偏り気味。

でも亡くなった奥さんが料理上手だったので、つむぎの中では食事はお母さんとの大事な絆の一部。その思いを汲んで公平は料理の上達に励みます。

料理ものの映像作品って大体料理が上手い人たちがメインキャラである場合が多いのですが、この作品は料理初心者が主人公なので、こちらも一緒に料理作業が体感できていいです。

うん、かぼちゃって固いよね。魚を三枚に下ろすって難しいよね。鱗の処理も面倒だし。

あと、食事を媒介にしてお互いの気持ちを確かめ合う公平とつむぎにほっこりします。

食事って少し工夫すれば日常生活を豊かで暖かいものにしてくれる、とても効率のいいイベントだと思いました。

 

 

Re:ゼロから始める異世界生活

スバルを観てて辛かったわー。特に15話の絶望感と、救いのない映画のようなエンディング。 そして、その後数話の焦燥感。

タイムリープものは数あれど、死ぬたびに痛く苦しい思いをする様を視聴者もしかと見届けなければいけないこの作品はやはりキツイ。 ラノベの主人公は努力しないとか言ってたどこぞの出版社の社長さんに見せてあげたい。

特筆すべきは魔女教大罪司教怠惰担当ペテルギウス。滑稽さは登場するたびに増していくのですが、とにかく初登場シーンのインパクトはかなりのものです。しばらく「怠惰ですねー」が頭から離れませんでした。
印象的な悪役の存在はいい作品へのひとつの条件としていいと思いますが、一旦そういう悪役を登場させてしまうと、その後に出てくる悪役はそれを超えなくてはならないので、物語を作る方としてはとても大変だと思います。
白鯨を退治して少しでも早くエミリアの元に辿り着き、 村人を避難させ、魔女教を殲滅するという無理ゲーをどうクリアするのか。
自分の弱さを乗り越えたスバルの気転と新たに得た仲間たちとの連携が見物で、辛いのを頑張って観続ければきっちりとカタルシスを得られます。
 
 

ベルセルク

なんかもう観るのが義務でしょ、ベルセルクなんだし、みたいな感じで観てました。

原作漫画から「黒い剣士」「断罪篇」をアニメ化した作品です。(「断罪篇」の”ロスト・チルドレン”は含まれてないです。)
ダークファンタジーというくらいなので、基本的に暗い・重いのですが、パックと中盤から一行に加わったイシドロがそれを和らげてくれてます。このキャラクターがいなかったら、正直観てるのしんどい。暗い。
原作を読んでるときはそんな風に思わなかったんですが、やはり動く絵になると重厚感増し増しです。面白いけど、重い。
先に黄金時代篇が3部作でアニメ映画化されてますが、1作目「覇王の卵」と2作目「ドルドレイ攻略」は基本的に鷹の団のサクセスストーリーなのと、”グリフィス様お美しや~”で観れるんです。
でも3作目「降臨」はもうグリフィスを見てるの辛い。蝕がグロい。ただひたすら暗い・重いの上塗り。わたしはDVDで観ました。大きなスクリーンで観たら命削られそうです。
別に悪く言いたいわけではないんですよ。ベルセルクは面白いんです。CGがどうとかまあいろいろありますが、ダークな作品なので覚悟して観てね、てことです。
あと、イシドロとパックのコンビは微笑ましいです。パックと絡んでるときのガッツも若干表情が柔らかいような気がします。そして髑髏の騎士とルカ姉とセルピコがカッコいいです。
 
 

番外編

不機嫌なモノノケ庵

 ストーリーは夏目友人帳みたいな妖怪モノで、ハートウォーミング系です。

作品的には可もなく不可もなくという感じなのですが、推しキャラがいるので番外編ということにしました。

 

モジャ、かわいいよ、モジャ。

作品で一番最初に出てくる妖怪で、主人公に取りついて体調不良を起こさせたりしていたのですが、のちに主人公と一緒にモノノケ庵の主の仕事を手伝つようになります。

モジャを見たいがためにこの作品を観てました。ただそれだけ。

 

 
夏アニメは他にもいくつか観てたんですが、頑張ってブログを書きたくなるのはこれらの作品でした。
秋アニメももう続々と始まってますので、2~3話見た段階で、またエントリーを書きたいと思います。