器用貧乏は赤魔道士になれ

極小ベンチャー企業のひとり管理部門担当者が、多岐に渡る日々の業務のことだったり全然関係ないことだったりを書くブログ

何も考えたくないので2016年春アニメをぼーっと見ています

こんにちはこんばんは、器用貧乏なケイリです。

多くの企業で3月末が決算となっていますが、そういう企業の経理は今決算業務で大忙しでしょう。

当社も3月決算の企業なので、経理職のわたしも忙しなく仕事をしています。

しかも新事業が動き始めており、そちらの業務の調整も忙しい最中で、相変わらずわたしの脳みそはリソース不足です。

ですので、今回も脳みそのクールダウンのためにぼーっと見ている2016年春アニメについてゆるーく書こうかと思います。

 

今クールから新しく始まったアニメ作品の1話~2話が出そろいましたので、今回もとりあえず視聴を継続しそうな作品の印象を述べていきます。

3月までの冬アニメは振り返ってみれば傑作と言ってもいいような良作が多かったのですが、今年の春アニメに関しては、今のところ佳作はいくつかあれど、わたしにとって強烈な印象のある作品があまり見当たりません。

ですので、このエントリーは今後の展開に期待するという意味で、いくつかの作品をピックアップしました。

(ネタバレが含まれているしれませんので、あしからず)

 

 

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない

なぜジョジョを選んだのか? だってそれはジョジョだから。問答無用のチョイスです。なんだかんだ言ってもジョジョはやっぱり面白い。

相変わらずOP・EDがダサオシャレですし、独特な色遣いと時折の劇画タッチも健在。

ジョースター家の男性は皆さん大変おモテになりますが、4部の主人公の東方仗助はモテるというよりは友達が多そうないい奴って感じで好感が持てます。

公式HPでは13巻(1巻3話ずつ収録)までのBD/DVDの発売を公表しているので、少なくとも3クールはやるようですね。

ちなみにパッケージソフトの全巻購入特典はOVA「岸辺露伴は動かない」だそうです。すごい観たい。

 

甲鉄城のカバネリ

カバネと呼ばれる不死の生き物に世界が多い尽くされそうな状況で、そのカバネに立ち向かう人々の物語。今後の展開に期待してピックアップしました。

先行上映で作画がヤバい(いい意味で)と評判になってた作品です。

実際映像のクォリティーはすごく良いです。今期イチでしょう。ただわたしにはちょっとキャラデザが古いように思えたのですが、好みの問題ですかね。

それに1話を観た時は、正直あまり心惹かれませんでした。よくあるゾンビものっぽかったですし、登場人物たちにもあまり魅力を感じられなくて。

残念ながら2話は放送延期されたのですが、公式HPで2話の予告映像を観ると、主人公たちが置かれている状況は予想以上に絶望的な雰囲気です。

進撃の巨人」にも通じる劇的なエッセンスが満載のようで、どんどん追い込まれていきそうなこの後のストーリー展開が楽しみです。

 

ジョーカー・ゲーム

昭和12年に秘密裏に設立されたスパイ養成部門「D機関」の活躍を描いた作品です。

戦時中の軍部や人々の心理的状況が本当にこんな風だったのかどうかはわかりませんが、あるべき軍人像のようなものに対して盲目的だった佐久間が、その盲信から開眼する様は、ある意味ピリっと風刺が効いている感じがして小気味良く思われます。

2話ではまだスパイ活動を始める前なので、 ストーリー的にはまだまだ序盤というところでしょうか。早くD機関の各々の活躍が見たいです。

それにしてもD機関のメンバーがみんな同じ顔に見えます。スパイ候補なんだから特徴のない相貌なのは同然かもしれませんが、この先偽名も変わっていくらしいので覚えられるかどうか心配です。

 

田中くんはいつもけだるげ

すごくのんべんだらりとしたコメディ・アニメです。多分夜中に観たら寝ちゃいそう。

1話をちょうど気分がダウナーに成り下がった休日の昼間に観たのですが、その時のわたしのテンションにドンピシャなリズムでギャクが展開されていき、すっかり何もかもどうでもいい気分になりました。このアニメの放送中はお茶の間でどんどん田中くんが量産されているのかもしれません。

そして一家に一台欲しいおかんキャラの太田くん。田中くんのけだるさの半分くらいは太田くんの存在によって成り立っている気がします。わたしも職場まで運んでほしい。

あと、2話で鳥取と島根を間違える”あるある”には吹き出してしまいました。出雲は島根だよー。

 

坂本ですが?

日直活動であろうとお掃除であろうと、一挙手一投足がすべてクールな高校生、坂本の学園生活を綴ったギャク・アニメ。

こちらも残念ながら2話が放送延期になってしまいましたので、1話だけを観た感想ですが、ほとんどのクラスメートがすっかり坂本の虜なので、この世界にはツッコミがいません。

ですので、観てるこちら側がツッコミを入れながら視聴することになるのですが、次々と繰り出される坂本のスタイリッシュな行動に全然ツッコミが追い付かない。いやー、ツッコミ不在の世界って怖ろしい。

座席がないからって坂本が窓枠に座ったシーンでは飲んでたコーヒーを吹いちゃいました。

 

 

他の作品では、

萌え絵でありながら、艦隊戦が見物の「ハイスクール・フリート」

今期の”このすば”枠と思いきや、意外にハードモードな「Re:ゼロから始める異世界生活」

今のところ予想よりコメディ色が強かった「文豪ストレイドッグス

人間界の世情になぜか詳しい熊、ナツをモフりたい衝動に駆られる「くまみこ」

協力会社に名を連ねているのに作中でディスられるスズキが気の毒な「ばくおん」

1期と同様にハラハラな展開が上手い「影鰐-承-」

などが気になります。こうしてリストアップしてみると、結構あるものですね。