読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

器用貧乏は赤魔道士になれ

極小ベンチャー企業のひとり管理部門担当者が、多岐に渡る日々の業務のことだったり全然関係ないことだったりを書くブログ

経理の最も重要な仕事は“経理”とは何かを知ってもらうこと

今まで幾つかのエントリーで、今の会社での経理としての働き方について書いてきました。 当社は小規模のバイオベンチャーなのですが、私以外に管理部門系の仕事を経験している人も担当している人もいません。 つまり、わたし以外は全員技術者や研究者なので…

マイナンバーの憂鬱

今年10月から住民票を有するすべての人に、1人1番号指定されたマイナンバーの通知書が届くことになっています。 (これを書いている時点ではまだ私のところには届いていません) マイナンバーに関しては以下の内閣官房のホームページで説明されています。 …

リース取引の分類をおさらいしてみた

以前、複合機のリースに関するエントリーで少しだけリース契約について触れました。 jackofalltradesandmasterofnone.hatenablog.com 近々機械のレンタルサービスを利用することになったのですが、リース契約とレンタル契約の違いを理解するのが難しいので、…

種類株式のまとめmemo

数年前に、当社が資金調達において新株発行による増資をするかどうかで悩んだ時期がありました。 しかし、新株を発行すると発行済株式を保有する株主の持分が希釈してしまいますので、それを株主が懸念することが予想されました。 なので、発行する株式につ…

未経験者の私が経理職に就くまでの長~い道程

質問サイトの転職カテゴリーで、未経験だけど経理職に就きたいがどうすればいいか、という質問を結構目にします。 経理職に転職したい場合、経験者が断然有利だといわれています。 経理職は事務職の中でも経験年数が重視される職種です。3年経験してやっと…

会計期間はどうやって決めるの?

法人や個人事業主には会計期間というものがあります。 会計期間とは、財務諸表の作成対象となる集計期間のことです。 会計期間が4月1日から3月31日の場合は、この期間中の収益と費用を集計して損益計算書を作成し、3月31日時点で保有する資産、負債…

決算賞与の支給には気をつけろ!

バイオベンチャーというのは、創業当初からシードの研究開発を進め、それが事業化できるまでは基本的には赤字続きである企業が多いです。 当社もずっと永らく赤字だったのですが、数年前についに黒字と相成りました。 いや、まあ、資金的には今も苦しいまま…

一般社団法人だって利益を上げても構わない

当社のバイオベンチャーという事業の性質上、ときには学会の総会などで展示ブースを設けて研究者や企業の方々から事業開発に対する理解を得る機会があります。 学会の中には一般社団法人という法人の形式を取っているところが結構あり、当社としても一般社団…

でんさい(電子記録債権)って何?

経理の仕事をしていると、数年程前から「でんさい(電子記録債権)」という言葉を度々目にするようになりました。 会社で使用している会計ソフトにも、いつの間にやら電子記録債権を管理する機能が追加されています。 そして2013年から簿記の出題範囲に“…

社外取締役の機能不全に関する考察ノート

今年5月1日施行の会社法改正において、上場企業かつ大企業である会社が社外取締役を置いていない場合、社外取締役を置くことが相当でない理由を株主総会で説明し、株主総会の参考書類や事業報告にも記載しなければならなくなりました。 また、上場企業は社…

取締役と一言に言ってもいろいろあります

ある日わが社の社長が何やら思案顔で言いました。 「“取締役会”があるのとないのではどう違うの? うちにある取締役会がなくなればどうなるの?」 (ちなみにわが社には取締役会があります) というわけで調べてみたところ、なかなかいい勉強になりそうなテ…

ミュゼプラチナムの問題からみる前払制度の売上計上方法とそれに依存するリスクについてのケイリの雑感

脱毛サロンで有名な「ミュゼプラチナム」運営会社ジンコーポレーションの経営状態が危ぶまれていることが話題になっております。 詳しくはこちら。 「脱毛エステ最大手」ついに「経営破たん」:刑事事件に発展も - 内木場重人 http://blogos.com/article/130…

「働く意味」はある日ポケットの中

先日こんなエントリーを目にしました。 「なんで働かないといけないんですか?」と聞いた学生への、とある経営者の回答 http://blog.tinect.jp/?p=10598 これを読んで、ふと思いました。 そんな疑問が湧くほど、「働く」って特別な意味を持つことでしたっけ…

自分に合った仕事って何だ?

「好きなことを仕事にした方がいい」の“好き”は、“寝食忘れて四六時中そのことばかり考えているくらい好き”という意味だと前回書きました。 そして、たとえ好きレベルがそれ程ではなくでも、好きなことを仕事にすべきかどうか悩んでいる人は、とにかくさっさ…

好きなことを仕事にしてみてさっさと夢破れた方がいい

質問掲示板の職業に関するカテゴリーで「好きなことを仕事にするべきか否か」という質問をよく目にします。 また、有名人は主に好きなことを仕事にして成功している人が多いので、「好きなことを仕事にしよう」的メッセージが世の中には溢れています。 そし…

無償減資に幸あれ! ~平成27年度税制改正

平成27年3月31日に「地方税法等の一部を改正する法律」が公布され、原則として平成27年4月1日より施行されました。 主な改正内容としては、 ・法人事業税の所得割の税率引下げ及び外形標準課税の拡大等 ・消費税率10%への引上げ時期の変更等 な…

東芝「不適切会計」問題についてのケイリの雑感 -経営陣としての責任と罪-

コーポレートガバナンスの優等生だったはずの東芝が、「不適切会計」によって利益を1500億円以上水増しした問題で大揺れしています。 私も7月20日に公表された第三者委員会調査報告書の要約版を読みました。 「不適切会計」において様々な手練手管が使わ…

内部留保が10億円あったとしても、それはお金が10億円余ってるという意味ではない

政治家が「会社は内部留保を貯め込んでいる。内部留保を放出して賃金を上げるべきだ。」と主張する場面に出くわすことがあります。 その度に私の頭の中にはクエスチョンマークが咲き乱れます。 その理由はタイトルに書いたとおりで、内部留保が10億円あっ…

研究成果はヒ・ミ・ツ -新規性と発表欲求の狭間で-

前回は特許権について書きました。 バイオベンチャーにとって知財は重要だけどそれにだってお金がかかる - アドベンチャーのケイリさん -器用貧乏がちょうどいい-jackofalltradesandmasterofnone.hatenablog.com そもそも発明において特許権が成立するには…

バイオベンチャーにとって知財は重要だけどそれにだってお金がかかる

研究開発にはお金がかかりますが、特許権の出願や申請の手続きにもとってもとってもお金がかかります。 バイオベンチャーにとって、特許権はとても重要です。ゆえに特許戦略はしっかりと考えていかなければなりません。 我が社の場合、シードがたくさんあっ…

会社からお金がなくなると自律神経もまともでなくなる

会社からお金が徐々になくなっていくとは実際どういう感じなのか、どういうことが起こるのか、実体験を書いてみます。 入社2カ月にして、あと数ヵ月で資金ショートするのでどうしますか?という状態になりました。 入社2か月で資金ショート目前ってどうよ …

月額リース料が安くなるからとって安易に複合機のリース契約をしてはダメだよ

前回少しリースの話題を出しましたが、今回は複合機のリースのことを書きます。 複合機のリースについては、とにかくよくセールスの電話がかかってきます。 これらのセールストークでよくある「掴み」は2通りです。カウンター料金が安くなりますというトー…

補助金と委託費 -リースは続くよ何年も-

前回はブログの内容が補助金の手続きのみの終始してしまったので、今回は違う観点で書きたいと思います。 研究開発費の資金を支援してもらう際に”補助金“と表現していますが、実際には、研究開発にかかった費用を補助してもらう助成的意味合いのある「補助金…

補助金事業で得るのは研究成果だけじゃない -鍛えられる事務処理能力-

当たり前の話ですが、研究開発をするにはお金が必要です。 その資金を調達するには、投資家やベンチャーキャピタルに出資してもらったり、実業で稼いだり、金融機関から借りたりするわけですが、補助金制度を利用するという方法もあります。 新規の技術開発…

成功のための失敗 -素人経営のベンチャー企業は蜜の味-

前回の記事で、わが社の資金ショート寸前という事態は、事業開発の遅れに起因していると書きました。 撤退も進むべき道のひとつ - アドベンチャーのケイリさん -器用貧乏がちょうどいい-jackofalltradesandmasterofnone.hatenablog.com しかし、資金ショー…

撤退も進むべき道のひとつ

2000年代の初頭、経済産業省が発表した「大学発ベンチャー1000社計画」の基でバイオベンチャー企業が乱立しましたが、当社も産学連携から端を発しました。 設立当初の代表取締役は研究者でした。複数の企業がお金を出して研究を委託し、ベンチャーキ…

今回の大阪都構想の住民投票でお年寄りの判断能力について考えた

大阪府と大阪市の二重行政によるムダを廃するための一歩として、大阪市を廃止して特別区を設置する構想「大阪都構想」について、5月17日に住民投票が行われました。 小指の爪程の僅差で否決となりましたが、一地方都市の改革案にすぎないにも関わらず、ど…

入社2か月で資金ショート目前ってどうよ

そんなこんなで入社して2カ月ほど経った頃、資金繰り表の作成を経理部長より引き継ぐことになりましたが、そこで重大な事実が知ることになりました。 なんとこのままではあと数ヵ月で資金ショートするというのです。青天の霹靂ってこういうことを言うのでし…

経理という職種の人々

入社してしばらくはその企業独特の経理業務を理解することに励まなければなりません。 経理の仕事というのは、各企業によって処理の仕方がかなり違っています。 どの企業も企業会計原則などの基準に則っているので基本的な部分は同じですが、業種や企業規模…

二次面接のリクエスト

ベンチャー企業に中途採用で入社したのは20××年の夏でした。 前職で人事(主に労務関連)と経理を経験した私は、仕事の幅を広げたくて転職活動を始めました。 夏の転職活動って暑い最中にスーツ着なければならないのでしんどいですね。炎天下でスーツの上着…

ベンチャー企業って何?

ベンチャー企業に経理担当者として入社して早7年。 入社当初から従事することになっていた業務や、やることになるとは思わなかった業務をいろいろ経験してきました。 国税庁のデータでは設立してから10年以上存続している会社は6.3%といわれる世の中で、私…