読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

器用貧乏は赤魔道士になれ

極小ベンチャー企業のひとり管理部門担当者が、多岐に渡る日々の業務のことだったり全然関係ないことだったりを書くブログ

会計・経理

資金繰り表のない会社などこの世から消えてなくなれ!-売上の入金-

こんにちはこんばんは、器用貧乏のケイリです。 資金繰り表シリーズ、3つ目のエントリーです。 このシリーズ、過去にはこんなことを書きました。 jackofalltradesandmasterofnone.hatenablog.com jackofalltradesandmasterofnone.hatenablog.com 今回は、資…

資金繰り表のない会社などこの世から消えてなくなれ!-資金繰り表の全体像-

こんにちはこんばんは、器用貧乏のケイリです。 またもや資金繰り表について書きます。 今回のエントリーでは、まず資金繰り表の全体像について。 下図は、わたしが今回のエントリーのために即席で作った資金繰り表のExcel見本です。 ちなみになるべく適切な…

資金繰り表のない会社などこの世から消えてなくなれ!-資金繰り表概論-

こんにちはこんばんは、器用貧乏のケイリです。 今回のエントリーは資金繰り表について書こうかと思います。 そしてできれば、この先資金繰り表に関するエントリーを幾つか書きたいと考えています。 ちなみに、このエントリーはこれから起業を考えている人や…

会計監査人・会計参与・監査役 何がどう違うの?

こんにちはこんばんは、器用貧乏のケイリです。 今回は名称が似ていて混同しがちな会計監査人と会計参与の違いを、監査役との関係性を絡めつつまとめてみたいと思います。 会計監査人と会計参与は、それぞれが企業の計算書類に関する信頼性の確保というとて…

会社設立費用で節税しよう!

こんにちはこんばんは、器用貧乏のケイリです。 今回は、あまり経験することのない豆知識的な論点、創立費と開業費です。 創立費と開業費は会社設立時にしか発生しない種類の経費ですので、経理担当者でも取り扱ったことがない人が多いと思います。 せいぜい…

消費税制度におけるインボイス方式とは?

こんにちはこんばんは、器用貧乏のケイリです。 今年の6月、政府は消費税率の10%への引上げを、当初の平成29年4月から、平成31年10月に2年半延期することを発表しました。 この消費税率引上げの際に、食料品等の税率を8%のままに据え置く「軽…

「タックス・ヘイブン」はトロピカルな島ばかりじゃないよ

こんにちはこんばんは、器用貧乏のケイリです。 今年の春、リークされた”パナマ文書”によって、タックス・ヘイブン問題が世間的に注目を集めました。 ですが、タックス・ヘイブンなるものは庶民の生活には直接関係してきませんので、何のことやら分かりませ…

補助金は「収入」ではなく「費用」です

こんにちはこんばんは、器用貧乏のケイリです。 今週から突然暑くなりましたね。急激な気温の変化についていけなくてすでに夏バテです。 今回はささやかな心の訴えを誰かにお届けします。 今まで、いくつか研究開発における補助金についてのエントリーを書い…

減価償却制度見直しの遍歴

こんにちはこんばんは、器用貧乏のケイリです。 3月末決算の企業は、株主総会に関する業務が目白押しとなる頃だと思います。 この時期になってようやく平成27年度のお仕事が完遂間近まで来られたことを実感します。ふう、やれやれ。 やっと具体的に今年度…

経理の視点から見る固定資産の処分方法と節税効果

こんにちはこんばんは、ケイリです。 現在仕事に対するモチベーションがダダ下がりなので、軽めのエントリーにしたいと思います。 今回のテーマは会計的な面から見る「固定資産の処分」です。 不要になった固定資産を処分する方法は、以下3つがあります。 …

別に知らなくてもいい「交際費」のお話

こんにちはこんばんは、器用貧乏のケイリです。 前回のエントリーでは、交際費について、経理以外の人にも知っておいたもらいたいことを書きました。 jackofalltradesandmasterofnone.hatenablog.com そして前回のエントリーで 交際費は、会社の規模によって…

「交際費」は経理以外の人にもちゃんと理解しておいてもらいたい

こんにちはこんばんは、器用貧乏のケイリです。 3月決算の会社の経理担当のみなさんは決算業務や株主総会の準備に忙しい時期だと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。ちゃんと家に帰れてますか? 今回のエントリーは「交際費」についてです。 交際費は、…

お金(残酷なまでにリアルな世界)についてふんわり考えるのはやめにしよう

こんにちはこんばんは、器用貧乏のケイリです。 今日は愚痴です。 某補助金に当社が申請するかどうかの意見を社長に問われた。事業化に向けた研究開発に係る経費が補助されるというものだ。もし当社が申請するなら、想定される経費は試薬や壊れたまま放置し…

法律まみれの管理部門は器用貧乏の生きる道

こんにちはこんばんは、器用貧乏のケイリです。 管理部門系のお仕事は、とにもかくにもいろんな法律が関係してきます。 なので、自分の仕事に関係のある範囲で中途半端に法律の知識が蓄積されていきます。 「中途半端に」←ココ重要 つまり、特定の法律の中で…

シャープの買収劇でお騒がせの「偶発債務」って何だ?

こんにちは、器用貧乏のケイリです。 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)がシャープとホンハイの買収劇における3500億円もの偶発債務の存在を報じました。 headlines.yahoo.co.jp 今一番巷でHOTな会計用語「偶発債務」についておさらいして…

地味にケイリのお仕事がひとつ減った 「利子割の廃止」って何?

どうも、器用貧乏のケイリです。 全国の経理職のみなさん。 とても些細な話ではありますが、われわれの事務作業がひとつ減ることになりました。 いろんな金融機関のHPなどでお知らせを見かけるようになりましたが、タイトルのとおり、税制の改正によって平成…

簿記の試験勉強と実務の違い

簿記は検定試験の中でも人気のある部類に入ると思います。 簿記の検定試験は会計基準に応じて出題されているので、記帳や財務諸表を作成する際の根本的なルールについては実務でも同じです。 しかし、世間一般において、資格取得のために勉強する内容と実務…

美術品が減価償却できるって知らなかった!-平成27年度法人税法改正

以前、無償減資した場合やグローバルな取引に関する消費税などの法改正についてのエントリーを書きましたが、平成27年度の税法改正でちょっとした変わり種がひとつありました。 それは、美術品の減価償却がしやすくなった、ということです。 今勤めている…

誰がための? 何のための? 軽減税率 -ケイリの雑感

2015年度の税制改正法案が成立したことによって、2017年4月に消費税率が10%に改正されることが確定的となりました。 さらに2016年度の税制改正大綱が2015年12月16日に決定され、軽減税率の導入についてブーイングの嵐となっている師走の折、皆様いかがお過…

東芝の財務報告でお騒がせの「のれん」とは?

東芝が子会社ウェスチングハウス社買収の際に計上した「のれん」の減損処理をしてこなかったことで、最近またもや批難を浴びています。 でも、会計の知識がない人には「のれん」というものが何なのかさっぱりだと思いますが、「のれん」は「のれんに腕押し」…

国境を超えるサービスの提供にまつわる消費税法の改正について

私は読書が趣味です。 家の近くに図書館がありますので、そこで本を借りることも多いのですが、本を購入する場合はもっぱらAmazonのKindleです。 現物を買うとあっと言う間に部屋が本だらけになってしまいます。 そして、Kindleを手に入れてから読む本の量が…

経理の最も重要な仕事は“経理”とは何かを知ってもらうこと

今まで幾つかのエントリーで、今の会社での経理としての働き方について書いてきました。 当社は小規模のバイオベンチャーなのですが、私以外に管理部門系の仕事を経験している人も担当している人もいません。 つまり、わたし以外は全員技術者や研究者なので…

マイナンバーの憂鬱

今年10月から住民票を有するすべての人に、1人1番号指定されたマイナンバーの通知書が届くことになっています。 (これを書いている時点ではまだ私のところには届いていません) マイナンバーに関しては以下の内閣官房のホームページで説明されています。 …

リース取引の分類をおさらいしてみた

以前、複合機のリースに関するエントリーで少しだけリース契約について触れました。 jackofalltradesandmasterofnone.hatenablog.com 近々機械のレンタルサービスを利用することになったのですが、リース契約とレンタル契約の違いを理解するのが難しいので、…

未経験者の私が経理職に就くまでの長~い道程

質問サイトの転職カテゴリーで、未経験だけど経理職に就きたいがどうすればいいか、という質問を結構目にします。 経理職に転職したい場合、経験者が断然有利だといわれています。 経理職は事務職の中でも経験年数が重視される職種です。3年経験してやっと…

会計期間はどうやって決めるの?

法人や個人事業主には会計期間というものがあります。 会計期間とは、財務諸表の作成対象となる集計期間のことです。 会計期間が4月1日から3月31日の場合は、この期間中の収益と費用を集計して損益計算書を作成し、3月31日時点で保有する資産、負債…

決算賞与の支給には気をつけろ!

バイオベンチャーというのは、創業当初からシードの研究開発を進め、それが事業化できるまでは基本的には赤字続きである企業が多いです。 当社もずっと永らく赤字だったのですが、数年前についに黒字と相成りました。 いや、まあ、資金的には今も苦しいまま…

でんさい(電子記録債権)って何?

経理の仕事をしていると、数年程前から「でんさい(電子記録債権)」という言葉を度々目にするようになりました。 会社で使用している会計ソフトにも、いつの間にやら電子記録債権を管理する機能が追加されています。 そして2013年から簿記の出題範囲に“…

ミュゼプラチナムの問題からみる前払制度の売上計上方法とそれに依存するリスクについてのケイリの雑感

脱毛サロンで有名な「ミュゼプラチナム」運営会社ジンコーポレーションの経営状態が危ぶまれていることが話題になっております。 詳しくはこちら。 「脱毛エステ最大手」ついに「経営破たん」:刑事事件に発展も - 内木場重人 http://blogos.com/article/130…

無償減資に幸あれ! ~平成27年度税制改正

平成27年3月31日に「地方税法等の一部を改正する法律」が公布され、原則として平成27年4月1日より施行されました。 主な改正内容としては、 ・法人事業税の所得割の税率引下げ及び外形標準課税の拡大等 ・消費税率10%への引上げ時期の変更等 な…

東芝「不適切会計」問題についてのケイリの雑感 -経営陣としての責任と罪-

コーポレートガバナンスの優等生だったはずの東芝が、「不適切会計」によって利益を1500億円以上水増しした問題で大揺れしています。 私も7月20日に公表された第三者委員会調査報告書の要約版を読みました。 「不適切会計」において様々な手練手管が使わ…

内部留保が10億円あったとしても、それはお金が10億円余ってるという意味ではない

政治家が「会社は内部留保を貯め込んでいる。内部留保を放出して賃金を上げるべきだ。」と主張する場面に出くわすことがあります。 その度に私の頭の中にはクエスチョンマークが咲き乱れます。 その理由はタイトルに書いたとおりで、内部留保が10億円あっ…

会社からお金がなくなると自律神経もまともでなくなる

会社からお金が徐々になくなっていくとは実際どういう感じなのか、どういうことが起こるのか、実体験を書いてみます。 入社2カ月にして、あと数ヵ月で資金ショートするのでどうしますか?という状態になりました。 入社2か月で資金ショート目前ってどうよ …

月額リース料が安くなるからとって安易に複合機のリース契約をしてはダメだよ

前回少しリースの話題を出しましたが、今回は複合機のリースのことを書きます。 複合機のリースについては、とにかくよくセールスの電話がかかってきます。 これらのセールストークでよくある「掴み」は2通りです。カウンター料金が安くなりますというトー…

補助金と委託費 -リースは続くよ何年も-

前回はブログの内容が補助金の手続きのみの終始してしまったので、今回は違う観点で書きたいと思います。 研究開発費の資金を支援してもらう際に”補助金“と表現していますが、実際には、研究開発にかかった費用を補助してもらう助成的意味合いのある「補助金…

入社2か月で資金ショート目前ってどうよ

そんなこんなで入社して2カ月ほど経った頃、資金繰り表の作成を経理部長より引き継ぐことになりましたが、そこで重大な事実が知ることになりました。 なんとこのままではあと数ヵ月で資金ショートするというのです。青天の霹靂ってこういうことを言うのでし…

経理という職種の人々

入社してしばらくはその企業独特の経理業務を理解することに励まなければなりません。 経理の仕事というのは、各企業によって処理の仕方がかなり違っています。 どの企業も企業会計原則などの基準に則っているので基本的な部分は同じですが、業種や企業規模…