読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

器用貧乏は赤魔道士になれ

極小ベンチャー企業のひとり管理部門担当者が、多岐に渡る日々の業務のことだったり全然関係ないことだったりを書くブログ

会計監査人・会計参与・監査役 何がどう違うの?

こんにちはこんばんは、器用貧乏のケイリです。 今回は名称が似ていて混同しがちな会計監査人と会計参与の違いを、監査役との関係性を絡めつつまとめてみたいと思います。 会計監査人と会計参与は、それぞれが企業の計算書類に関する信頼性の確保というとて…

プレスリリースあるある話

こんにちはこんばんは、器用貧乏のケイリです。 今回はプレスリリースに関する小ネタです。 わが会社は過去に何度が開発した技術やサービスに関してプレスリリースをしたことがあります。 ただプレスリリースしただけでは何も起こりませんが、新聞や雑誌に取…

補助金は「収入」ではなく「費用」です

こんにちはこんばんは、器用貧乏のケイリです。 今週から突然暑くなりましたね。急激な気温の変化についていけなくてすでに夏バテです。 今回はささやかな心の訴えを誰かにお届けします。 今まで、いくつか研究開発における補助金についてのエントリーを書い…

研究開発活動を促進する「技術研究組合」って何だ?

こんにちはこんばんは、器用貧乏のケイリです。 私が今勤めている会社は、もともとは複数の企業とアカデミアが、とある共同研究を行うために設立されたものです。 設立当初の資金源はそれぞれの企業からの委託研究費用だったり、いくつかの省庁やその外郭団…

法律まみれの管理部門は器用貧乏の生きる道

こんにちはこんばんは、器用貧乏のケイリです。 管理部門系のお仕事は、とにもかくにもいろんな法律が関係してきます。 なので、自分の仕事に関係のある範囲で中途半端に法律の知識が蓄積されていきます。 「中途半端に」←ココ重要 つまり、特定の法律の中で…

ベンチャー企業には資金調達源として重要な株式発行

こんにちは、器用貧乏のケイリです。 今日は株式の発行についておさらいしたいと思います。 ベンチャー企業にとって、株式の発行は大事な資金調達源です。 しかし、持分比率などを見誤って株式を発行したりすると、後々の資本政策や企業運営に響いてくるので…

ExcelVBAの変数名ってどうやって決めてるの?

今、新しいサービスの業務管理に使うために、ExcelVBAの本に首っ引きになりながらデータベースを作っています。 おおよそ形が見えてきたところで、コードの内容を綺麗にするために記述を見返しているのですが、ちょっと気になったことがあります。 みんなは…

種類株式のまとめmemo

数年前に、当社が資金調達において新株発行による増資をするかどうかで悩んだ時期がありました。 しかし、新株を発行すると発行済株式を保有する株主の持分が希釈してしまいますので、それを株主が懸念することが予想されました。 なので、発行する株式につ…

一般社団法人だって利益を上げても構わない

当社のバイオベンチャーという事業の性質上、ときには学会の総会などで展示ブースを設けて研究者や企業の方々から事業開発に対する理解を得る機会があります。 学会の中には一般社団法人という法人の形式を取っているところが結構あり、当社としても一般社団…

社外取締役の機能不全に関する考察ノート

今年5月1日施行の会社法改正において、上場企業かつ大企業である会社が社外取締役を置いていない場合、社外取締役を置くことが相当でない理由を株主総会で説明し、株主総会の参考書類や事業報告にも記載しなければならなくなりました。 また、上場企業は社…

取締役と一言に言ってもいろいろあります

ある日わが社の社長が何やら思案顔で言いました。 「“取締役会”があるのとないのではどう違うの? うちにある取締役会がなくなればどうなるの?」 (ちなみにわが社には取締役会があります) というわけで調べてみたところ、なかなかいい勉強になりそうなテ…

研究成果はヒ・ミ・ツ -新規性と発表欲求の狭間で-

前回は特許権について書きました。 バイオベンチャーにとって知財は重要だけどそれにだってお金がかかる - アドベンチャーのケイリさん -器用貧乏がちょうどいい-jackofalltradesandmasterofnone.hatenablog.com そもそも発明において特許権が成立するには…

バイオベンチャーにとって知財は重要だけどそれにだってお金がかかる

研究開発にはお金がかかりますが、特許権の出願や申請の手続きにもとってもとってもお金がかかります。 バイオベンチャーにとって、特許権はとても重要です。ゆえに特許戦略はしっかりと考えていかなければなりません。 我が社の場合、シードがたくさんあっ…

補助金事業で得るのは研究成果だけじゃない -鍛えられる事務処理能力-

当たり前の話ですが、研究開発をするにはお金が必要です。 その資金を調達するには、投資家やベンチャーキャピタルに出資してもらったり、実業で稼いだり、金融機関から借りたりするわけですが、補助金制度を利用するという方法もあります。 新規の技術開発…

成功のための失敗 -素人経営のベンチャー企業は蜜の味-

前回の記事で、わが社の資金ショート寸前という事態は、事業開発の遅れに起因していると書きました。 撤退も進むべき道のひとつ - アドベンチャーのケイリさん -器用貧乏がちょうどいい-jackofalltradesandmasterofnone.hatenablog.com しかし、資金ショー…

撤退も進むべき道のひとつ

2000年代の初頭、経済産業省が発表した「大学発ベンチャー1000社計画」の基でバイオベンチャー企業が乱立しましたが、当社も産学連携から端を発しました。 設立当初の代表取締役は研究者でした。複数の企業がお金を出して研究を委託し、ベンチャーキ…

二次面接のリクエスト

ベンチャー企業に中途採用で入社したのは20××年の夏でした。 前職で人事(主に労務関連)と経理を経験した私は、仕事の幅を広げたくて転職活動を始めました。 夏の転職活動って暑い最中にスーツ着なければならないのでしんどいですね。炎天下でスーツの上着…

ベンチャー企業って何?

ベンチャー企業に経理担当者として入社して早7年。 入社当初から従事することになっていた業務や、やることになるとは思わなかった業務をいろいろ経験してきました。 国税庁のデータでは設立してから10年以上存続している会社は6.3%といわれる世の中で、私…